(169,333 - 102 - 143)
高知県立高知青少年の家 ホーム アクセスマップ

今年も沢山の方々にご協力と、ご参加を頂き、仁淀川の河川敷でのガサガサ体験教室を開催致しました。昨年度の大雨や台風の影響で川の環境にも少し変化があり、川むしが沢山見られるかどうか心配もありましたが、参加者の皆様が楽しみながらも頑張って採集をしてくださり、色々な川むしを観察することができました。

ガサガサ体験教室に引き続き、仁淀川の河口域でのカニカニ観察教室を開催致しました。こちらも、昨年度に比べて干潟の様子が変わっておりましたが、子供たちが夢中になってカニを探している姿がとても楽しそうでした。おかげで沢山の生きものを観察することができ、とても有意義な環境学習の時間となりました。

昨年度に引き続き、陶芸教室を開催しました。今年も沢山の方が参加してくださり、とてもにぎやかな雰囲気で粘土を使った陶芸作品作りを楽しみました。変わった形のお皿や小鉢など、個性豊かな作品が沢山出来上がっておりました。焼き上がった作品を手にされた時は、頑張って作成した分、喜びもひとしおの様でした。

毎回好評のマグカップやお皿等のガラス製品への絵付け体験を開催しました。転写シートでデコレーションをしたり、専用の絵の具を使ったりして絵付けを楽しみました。後日、焼き上がった作品をお渡しした時は、きれいな出来上がりにどなたもとても嬉しそうでした。

昨年度、開催することができなかった竹とんぼ教室を、今年は無事に開催することができました。昔のおもちゃ作り体験として、竹の板を削って作る竹とんぼ作りを体験しました。子供たちは小刀を扱うのが初体験のようでしたが、講師の先生が刃物でケガをしないように色々と配慮をしてくださり、親子で楽しく作品作りを楽しみむことができました。最後は、出来上がった竹とんぼを持って屋外へ行き、みんなで飛ばして遊びました。

高知東工業高校の先生と生徒の方々に講師として来て頂き、子供のためのものづくり教室を開催しました。今回はドライピンチ(ぬれた洗濯物をくっつけておくと、乾いたときにLEDで知らせてくれる装置)を作成しました。基盤に部品をハンダで取り付ける作業に苦戦されている方もいましたが、先生も高校生の方々もやさしく丁寧に指導してくださり、楽しく作業をすることができました。完成した装置を実際に動かして試した時は、皆さんがその仕組みに感動しておられました。又、夏休みの宿題としても大変喜ばれました。

参加者の方に、デコレーションをしたい写真を持って来て頂き、色紙やリボン・シール等を使ってオリジナルフォトフレームを作成するデコパージュ教室を開催しました。親子で飾る写真のレイアウトを考えたり、色紙をかわいく切り抜きをしたり、どなたもとても楽しそうに作業をされていました。共同作業を通じて、親子の交流を深めることができ、とても充実した時間となりました。

クラフト(紙)バンドを編んで、小物等が入るカゴを作成する体験教室を開催しました。バンドを編んだり、組み合わせる時に、少し複雑な工程もありましたが、講師の先生がとても分かりやすく説明して下さったので、作品がきれいに仕上がった時には、とても満足そうにしておられました。

お正月にちなんで、来年の干支であるおサルさんの手作りキャンドルを作成しました。頭と胴体のパーツを組み合わせ、思い思いに顔やバナナ等のパーツを付けていきました。最後に完成した作品を並べてみると、様々な表情があり、とても可愛らしさに溢れる作品ばかりでした。

昨年と同じく、仁淀川の河川敷にて川の生きもの探しを開催しました。参加者の方々が親子で一緒になって、川の浅瀬でガサガサ体験を楽しんで頂け、講師の先生の環境のお話し等も熱心に聞いて下さっていたので、川遊びの楽しさを知って頂くと共に、環境学習としてもとても有意義な時間となりました。

環境学習の第2弾として、仁淀川の河口大橋近辺の河川敷に行き、河口の干潟に棲むカニ等の生きものの観察会を開催しました。チゴガニのダンスを双眼鏡で見たり、川の浅瀬を探索して親子でカニ探しを楽しみました。見つけたカニを講師の先生と一緒に観察し、カニの棲める環境についても知って頂ける良い機会となりました。

毎回好評の陶芸教室を今年も開催いたしました。大勢の親子がご参加くださり、講師の先生の指導の下、粘土を使っての陶芸作品作りを楽しみました。焼き上がりを想像しながら、皆様が思い思いにこだわりの作品を完成させました。後日、焼き上がった作品を手にされた時も、とても感動しておられました。

ガラス製品のリサイクルにも繋がる、ガラス瓶やマグカップへの絵付け体験をしました。ガラス絵付け用の転写シートをガラス製品に貼り付けてデコレーションを楽しみました。少し細かな作業もあり、苦戦しながらも親子で協力し、素敵な作品がたくさん出来上がりました。

親子竹とんぼ教室は、台風の接近により開催中止となりました。

昔なつかしいおもちゃ作り体験として、親子でキツツキのおもちゃ(バネを使ってキツツキが揺れながら上から下へ降りていくおもちゃ)の工作を体験しました。木切れや針金など、身近に手に入る材料を使っての工作は、あまり馴染みがなかった様子で、子供たちも興味津々で取り組んでいました。完成後はおもちゃを実際に動かして楽しく遊び、昔のあそびにふれられる貴重な時間を過ごしました。

トールペイントの技法を使って、ハロウィンやクリスマスの絵柄をペイントした木製のリース作りを行いました。講師の先生の指導の下、絵筆で色を塗るだけではなく、トールペイントならではの技法なども取り入れ、個性豊かな作品がたくさん出来上がりました。

消しゴムはんこ用の消しゴムを使って、クリスマスやお正月などに使える消しゴムはんこ作りを楽しみました。彫刻刀で消しゴムを掘り進める作業に苦戦をしながらも、理想のハンコに仕上げるために親子で夢中になって作業をしていました。最後には、完成したハンコを実際に紙に押す姿がとても嬉しそうでした。

一から手作りのオリジナルキャンドル作りの体験教室を今年も開催致しました。今年は、冬にちなんで「雪だるまキャンドル」をみんなで作成しました。雪だるまの形に丸めたロウに、思い思いに色つきのロウで作ったパーツを飾り付けていきました。きれいに完成した作品を見て、火を付けずにそのまま飾っておきたいと言われる方が沢山いました。

沢山の種類のハーブが用意され、先生にその利用方法や効能などを質問したりしながら、親子で協力して楽しく寄せ植えを体験しました。植物の植え方や楽しみ方を知れる大変良い機会となりました。

コップや風鈴に模様や絵をつけて、かわいらしい入れ物作りを楽しみました。親子で試行錯誤しながらも楽しく絵付けをし、沢山の個性豊かな作品が出来上がりました。

海岸のそばの川の河口へ行き、親子で干潟に住む魚や生き物を探し、観察をしました。講師の先生の指導の下、水辺や川の中を歩きながら沢山の生き物をみつける事ができ、川の大切さを知ると共に、親子で自然にふれる良い機会となりました。

親子で川の浅瀬に入り、魚や川虫を集めるゲームをしました。夏の日差しの暑い中、どの親子も夢中で生き物探しに取り組んでいました。講師の先生も熱心に川の生き物についてお話してくださり、夏休みの宿題にも役立てられる楽しい体験教室でした。

親子でデコパージュ石鹸作りを楽しみました。講師の先生が作り方を丁寧に指導してくださり、手軽に制作できるので、お友達の分もと沢山制作された方もいらっしゃいました。

講師の先生方の指導の下で、粘土を使った陶芸作品作りを体験しました。理想の形を作るために親子で試行錯誤しながら、真剣に作品作りに取り組んでいました。後日、焼き上がった作品を見て、皆さん満足そうな顔をしておられました。

トールペイントの技法を使って、楽しいハロウィングッズ作りに挑戦しました。ちょうちん、風船、お皿などに絵を描いたり、ストローなどに絵を貼ってデコレーションしたりと、親子でとても楽しそうに取り組んでいました。最後には沢山グッズが完成したので、とても喜ばれました。

消しゴムはんこ用の消しゴムを使って、練習用ハンコと自由制作のはんこ作りを体験しました。刃物を使った細かい作業に四苦八苦している場面もありましたが、講師の先生が熱心に指導してくださり、どの親子もとても楽しそうにはんこを作りをされていました。最後にはカードなどに作ったはんこを押して楽しみました。

毎年人気のキャンドル教室を今年も開催しました。講師の先生の指導の下、思い思いにパーツを選び、手作りキャンドルの制作をしました。溶かしたロウでパーツをくっつけたり、オリジナルパーツ等も作ったりして、個性豊かな作品が沢山できました。又、親子で協力し合うことで交流を深め、とても楽しい時間となりました。

HOME|アクセス|個人情報保護ポリシー|お問合せ|もどる
高知県立高知県青少年の家
ホームページ:kochiseisyounennoie.org
〒781-2122高知県吾川郡いの町天王北1丁目14番地
tel088-891-5331
fax088-891-5332
Copyright(C)2018高知県立高知青少年の家All Rights Reserved.walbum